University of California Los Angeles (UCLA) School of Law(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のLLM情報

LLMの学位とは別に、次の専門科目の修了証書を得ることができる。
– Business Law & Policy
– Critical Race Studies
– David J. Epstein Program in Public Interest Law & Policy
– Environmental Law
– Media, Entertainment and Technology Law and Policy
– International and Comparative Law
– Law & Philosophy and Law & Sexuality

エンターテイメント分野に定評がある。

365日中330日が晴れとも言われるロサンゼルス内に位置しており、ビバリーヒルズやサンタモニカにも近い。生活コストは高め。

公式HPはこちら

LSACの学校紹介ページはこちら


ロースクールランキング

Best Law Schools (U.S. News): 総合15位 (2021)


場所

カリフォルニア州ロサンゼルス市


人数

LLM: 200名程度/年
うち日本人: 20~30名/年


コスト

学費: $64,046 (2020-2021)
生活費等を合わせた必要予算: – 


英語要件(公式)

TOEFL iBT 96点以上
TOEFL PBT 600点以上
が望ましい


英語要件(非公式)

TOEFL iBT 90点が目安。86点での合格情報あり。


UCLA LLM 出身・在学中のTwitterer
弁護士 木田 晃一 先生(大江橋)2018-2019
弁護士 大川 恒星 先生(淀屋橋・山上合同)2019-2020

 

1 件のお役立ち情報が寄せられています!
by UCLA 100 years

[大学・授業の様子]
マンモス校ゆえキャンパスは広大かつ自然豊かで、「アメリカの大学のキャンパス」というイメージ通りの景色が広がっています。

授業では、JDとの混合クラスのほか、LLM生のみのクラスも数多く設けられています。LLM生のみのクラスは比較的穏やかな雰囲気で進められている印象です。教授陣が毎回の授業で創意工夫をこらしていることも大きな要因だと思います。

[履修科目]
そもそもBarの必修科目があるため、Bar受験を考えている場合には自由に選択できる科目の数には限りがあります(この点は他のLLMも同じです)。
また、UCLA独自のSpecialization制度を選択した場合、Bar必修科目に加えてSpecialization必修科目も履修しなければならないため、履修の自由度はかなり限定されます。
そのため、あえてSpecializationを選択せずにBar必修のみを最低限履修し、そのほかは興味のある科目を履修するという選択肢もあり、このような選択をする学生も少なからずいます。

UCLAは、MBA及び公共政策大学院としても米国内でトップクラスであり、これらのクラスを履修することも可能です。

なお、毎日のようにどこかの学部で各界の著名人が講演会を開いており、私は無料のモーニング・ランチ目当てに参加していました。

[ネットワーキング]
大規模ロースクールならではの多様な国籍・文化の友人達と日々接することができ、LLM・JD問わず友人の輪が広がります。
また、LGBTや難民支援など多種多様な学生活動が無数に行われていることに加え、スポーツ活動も盛んですので、このような活動を通じての交流を図ることもできます。

ロサンゼルスは全米第二の都市であるため、学外での交流も盛んに行われています。日系弁護士協会や経営者協会の会合に参加したり、ローファームの勉強会や野球大会に参加する機会もあります。

[日本人コミュニティ]
毎年日本人が20人程度入学します。美味しいレストランの情報からバーの勉強会まで、あらゆる面で日本語で助け合える友人がいることは非常に心強いです。
結局のところ、LLMを卒業した後に一番連絡をとるのは日本人同級生なので日本人の友人の輪が広がることは一番のネットワーキングになると思います。

[住環境]
最強のストロングポイントです。
一年中温暖でほぼ毎日晴れているため、いちいち何かに悩まなくなります。
大学から車を15分ほど走らせると美しい海岸線とビーチが広がります。
シーフードが特に美味しく、絶品の牡蠣やウニなどが驚くほどリーズナブルに食べられます。

大学の近くには日本人街があり日用品や調味料はほぼ何でも揃います。日本食のバリエーションも豊富でかなりのクオリティのものが食べられます(店員も日本人の方が多いです)。この点は特に家族連れの場合に大変助かります。

大学が位置するWest LA, サンタモニカ周辺は非常に治安が良く、夜も人通りが多いため特に不安なく出歩くことができます。
人種も多種多様ですのでアジア人が目立つことはありません。むしろアジア人の割合がかなり高いといえます。また(西海岸特有の?)おおらかでラフな人柄の方が多く、道端やスーパーマーケットで気軽に話しかけられることが多いです。

プロスポーツ観戦としては、NBA(レイカーズ、クリッパーズ)やMLB(ドジャース、エンゼルス)のほか、アイスホッケー、サッカーなどが豊富に揃っています。

車でサンタバーバラのワイナリーやサンディエゴのビーチを訪れたり、国境を越えてメキシコ旅行をすることができます。
また飛行機に1時間も乗ればラスベガスの夜を堪能することができます。なお、大学からロサンゼルス空港まで車で20分です。

[英語力の向上]
上述のとおり多国籍の友人達と交流することになりますし、大学が留学生向けに英語のクラスなどを提供していますので、英語力向上の環境として不足は無いと思います。
「大規模LLMは日本人も多いから英語が上達しないのでは」との不安があるかもしれませんが、英語習得は結局は本人の努力次第ですし、英語を上達する機会は十分に整っていますので、あまり気にしない方が良いと思います。

[UCLAの決め手]
私の場合、「人生でLAに住めるチャンスがあるなら絶対住むでしょ。」と即決しました。

お役立ち情報を書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

お役立ち情報を書く